お昼寝大好き田中くん
*
ホーム > 株式投資 > 売り買いになれると

売り買いになれると

パソコンの前に座り止まることなく上下動している為替相場を見ると、直ちにトレードをしなければいけないという衝動が生じる場面も少なくありません。

 

しかし、漠然とした直感でトレードするのは、決してしてはいけません。

 

分かっていると思いますが、外国為替市場は1日中、いかなる時でもいずれかの国で為替相場は変化しているし、レートも常に変動している。

 

そうであっても、エントリーを重ねていると、その分損失を被る率が上がります。

 

当然の事ながら、売り買いの回数を増やすことによって、少しずつ勝つ確率か半々になっていきます。

 

でも「はっきりしない思いつきで取引」することとは別の話だ。

 

売り買いの回数を増やすということは、自分で「ここで勝負」と直感した勝算を得られた状態での取引回数を積むという意味である。

 

格段の理由がなく、エントリーを積み重ねるのとは全く違います。

外国為替相場の駆け引きに臨むには、己で深く考えて緩急をつけることこそが重要です。

 

「ここは勝てる」と考えた為替相場の時には覚悟を決めて保持ポジションを増やして、徹底的に儲けを追い求めます。

 

「かなり悩ましい相場で、どう動くのかわからないな」と思ったならばいっそのこと所持ポジションをひとつも残さないで諦めて何もしない。

 

それぐらいのけじめをつけた方が結果的にはエントリーは勝利します。

 

相場の名言には「休むも相場」というものがある。

 

実にその通り。

 

FXとは常時売買ポジションを持っていることが大事ではなく、ポジションを所持せずじっとしていることも状況によっては、外国為替相場です。

 

それでは、どういう場面で、休めばいいのでしょうか。

 

第1に考えられるのが、前述したように、直近の外国為替市場が曖昧で分からない時です。

 

そこからどちらにいくのか明確でない時はヘタに動くと、自ら考えたストーリーとは異なった方向に外国為替相場が変化してしまい、損失を被る事になります。

 

だから、こういう時はポジションを減らして、様子を見ているのがいいだろう。

 

もうひとつは、自身のコンディションが変なときです。

 

体の状態と相場に影響ないと感じる方もいるでしょうが関係があります。

 

コンディションが悪い時は、為替相場の重要な局面で冷静な判断を下すことができなくなります。

 

興味がわかない時は市場から離れてみるのも必要な事です。

 


関連記事

売り買いになれると
パソコンの前に座り止まることなく上下動している為替相場を見ると、直ちにトレードを...
テスト
テスト記事です。...